ベッティング 日々あれこれ

Plz choose selfishly.

2017/02/19

payment-providers
前回"Restart."をアップしてからというもの、このサイトの細かい部分の更新を行なっていました。

やはり半年近く更新STOPしていたため、いろいろな部分で修正が必要。
まずは更新STOPの原因のひとつとなったPayment関連情報の修正。
NetellerやSkrillの情報をそのまま載せておくわけにはいきませんからね。

このサイトをリスタートさせるにあたって、どの入出金手段を掲載するのか?
サイトSTOPを決断したKoji氏をはじめ、halさんやkainさんとも相談したのですが、結果的に暫定でecoPayzを軽く掲載することにしました。
掲載後にecocard及びVirtual Cardの新規発行停止となりましたがね・・・。

こういったPayment Option関連の詳細情報は、ウチのサイトではやらないことにします。
ecoPayzにしたって、他でかなり詳細に渡って紹介されていますからね。
ひとつのことに関してネット上に複数の情報が氾濫すると、そのうち嘘の情報なんかが混ざり、情報の信憑性が薄れてきます。
どこかで専門的に情報紹介するところがひとつでもあればそれでいいんです。
ユーザーは迷うことが無いし、情報提供元はそれなりの責任を持つ必要性が出てきます。
そういった間接的な部分での立ち振る舞いというのも、これからは必要なんじゃないかな?

どうもこのPayment Providerというジャンルは、日本での運営が不安定な気がして仕方がありません。
他にも日本から利用可能なProviderを探し出し、多数のアクセスがある"World Around Bettings “世界”で獲る。"の表に展開させて頂きましたが、やはりどうしても基本はBank Transfer(銀行間転送)になってしまいますね。
Bank Transferに関してはブックによっては「Wire Transfer (ワイヤ・トランスファー)」と表示されている場合がありますので注意下さい。
利用する銀行によっても変わってきますが、意外とecoPayz使うより手数料が安いところもあるものです。

ま、このサイトの基本理念は「スポーツの楽しさをベッティングを通して知って頂くこと」なので、主眼はブックの方に行きます。
Netellerが利用できなくなった今、ブックによって利用可能なPayment Methodは変わってきます。これに関してはそれぞれのユーザー側で一番利用しやすいものを探して頂ければと考えます。
だってそれぞれ環境が違いますからね。
一概に「ここがいいよ」と言ったところで、カード種別に問題があったり、個人情報の足かせがあったり。人によって環境が違うので、あなた自身で一番良い・・・一番使い易いモノを選んで下さい。

ということで、ウチのサイトはブックの発掘を基本にやっていきます。
さらに勝てる方法・・・いや、勝つ情報を発信していこうと考えております。
この点に関しては、現在ネタを整理していて、段階的に出していく順序を・・・また、予想発信などを。予想配信ではありません。
あくまでも「発信」です。

ただね、メンバー間で論議途中なのですが、スポーツブックに関して中級者・・・
ここで言う「中級者」というのは、基本的に英語に関して自力で解決できているユーザーという意味なのですが・・・
中級者以上を対象に情報を発信していきたいと考えているため、条件をつけてアクセスできるような方法をいくつか考えています。

かといって、ビギナーを排除するわけではありません。
あくまでもモラルを持って頂きたいのです。
なんでも人に聞けばいいという問題ではありません。自力で解決していかないと、そのうちとんでもない目に遭いますよ!というのを間接的に解って頂くため、これからはビミョーにビギナーの方には眼が向いていない発言になっていくかと思います。
一応、P4T.NETメンバー全員でこの路線には意見一致しています。

BETVICTOR
話を少し戻して・・・
今回各ページを精査して、必要な情報は更新し、廃れた情報や必要性の無いモノ、また問題のある情報などは削除したりしていたのですが、新たに動き出したブックの筆頭がBETVICTOR(ベットヴィクター)さん。
ちょうど昨年のNeteller騒動の最中に日本語化を決めたという、タイミングのヒジョーに悪いブッキーさんですが、それなりにシッカリした運営が成されてきたブックなんですよね。
ユーザーによっては評価が良くなく、ウチの格付でも1.3と上に上げられないブックなのですが、私の個人的見解ではそんなに悪くありません。
というか、いたってフツーのブックです。(笑)
ですから、良く言えばベット入門者向けとでも言いますか。WilliamHill的な感じですよね。
ここも日本人がサポート対応してくれるということなので、今後が非常に楽しみではあります。

また、完全に英語のブックにはなりますが、かなりマニアックなベットメニューを用意しているブッキーを見つけました。
ココは後日改めて紹介できるかもしれません。現在、先方と交渉中です。

とりあえず長くなってきたので、今回はここまでにしておきます。
それではまた。皆さんに有意義なBetが出来ることを願って。

post by TRIGGER (P4T.NET Japan DIV.)

Save

-ベッティング, 日々あれこれ
-, ,

Copyright © bookmakers.jp, All Rights Reserved.