サッカー ベッティング 日々あれこれ

「ロシアへの伝言」1XBET Removal

2018/04/08

注意

この記事は2018/04/08時点でのものです。

Triggerです。
今回は当メインサイトから1XBET(ワンバイベット / 1XBIT含)の広告を除去した経緯について、ご報告可能なことを書いていきます。

2015/10より日本初1XBETの広告を開始。
当初は問題が特に見当たらなかったブックでしたが、2016年に入ってから海外ユーザーからのクレームが徐々に増え、2017年には頻繁に文句が聞こえるようになりました。

特に2017年から・・・というのは当サイトのみでなく他サイトからの広告も始まった時期になります。
先行して「引出条件について(Withdrawでの注意)」という記事を2017/02にアップし、間接的に注意喚起をしましたが、1XBETの問題は改善されず現状に至っております。

具体的に問題のある理由として
・正当な引出要求に対して支払が行なわれない。もしくはアカウント停止/削除される。
・正当な引出要求に対して何度もID書類の提出を促してくる。
・正当なWinベットを無かったこととして削除する。
・引出要求に対して支払が完了するまでに時間が掛かり過ぎる。(3ヵ月半掛かったという事例有り)
・勝手にオッズ操作をされる。(ベット後にオッズを引下げた状態で受け付ける格好にする。ベットしてからの時間差がかなりあるため、ユーザーが気付かない事が多々ある)

今では多数のサイトより1XBETが紹介されている現状ですが、国内初紹介した責任を重く考え、この3月を区切りとして1XBETの広告を排除することに致しました。
これまでに当サイトより登録していただいたユーザーには大変申し訳ないのですが、当チームとしての方針は「1XBET非推奨」とさせていただきます。

今年は4年に一度のワールドカップの年でもあります。
残念ながら1XBETの本拠地であるロシアでの開催となっていますが、先月ソールズベリーにて起きた2人の殺人未遂事件をきっかけとして、イングランド代表チームがボイコットする可能性も出てきております。
2016/06/12にEURO2016で対戦したロシアとはサポーター間で乱闘騒ぎがあったため、今回ロシア側への入国及び現地での観戦自体を自粛させる動きもあります。
ロシア側はこの状況を省みず、「核を持っている我々に挑発するのはやめたほうがいい」などと言っているのを見ると、当チームとしてもロシア発祥のスポーツブックを推奨する訳にはいきません。
このまま1XBETを利用し続けるのは、ロシア側に外貨を自ら差し出している行為となるからです。
我々P4T.NET Teamはサッカーを愛し、ワールドカップを愛しています。そして"Three Lions"を愛しています。
その開催国がこのような考え方をしている・・・というのは理屈抜きに同調できません。

別途、シリア問題のキャンペーンも右側サイドバーへ掲げておりますが、ロシアの支援を受けて実施した攻撃により、既に70万人もの死者が出ており、今も何十万という人々が投獄され拷問を受けている状況です。また、200万件の家庭が地図を抹消され、人口の半数以上が亡命している状況という凄まじき現状に苛立ちを覚えます。

実際にイングランド代表チームがワールドカップを辞退することにはならないと考えていますが、是非良識ある皆さんには全世界の平和を願って今後もスポーツブックを続けていただくために、可能なことには対処願いたいと考えております。

以上、当チームからお伝えいたします。

post by Trigger (P4T.NET Japan DIV.)

-サッカー, ベッティング, 日々あれこれ

Copyright © 2015-2020 bookmakers.jp, All Rights Reserved.