ベッティング 日々あれこれ

ベッティングに必要なのは正しい「方法」ではなく「方向」。

お久しぶりのKojiです。(^^)/

日本はクソ暑いそうですねw
残暑お見舞い申し上げます。くれぐれも熱中症にはお気をつけて、ご自愛くださいね。
Embed from Getty Images
さて、この記事が出るタイミングでイングランド・プレミアリーグとフランスのリーグ・アンがスタートする時期だと思います。
この2018-2019シーズンのスタートとあって、各ベッターさんもひととうりプレイヤーの入替状況など整理されている事でしょう。

今回は久々にベッティング論とでもいいますかw、そんなことをブログにしようかと。

ブックメーカー・スポーツベッティングを始めてみて皆さんどうですか?
楽しめていますか?
それとも、「やっぱ、儲からねーじゃんよぉー」とか言っていませんか?

その1点にフォーカスして、今日はお話してみようと思います。
Embed from Getty Images

ベッティングに必要なのは正しい「方法」ではなく「方向」。

ブックメーカーがオッズを操作する度に、自身のベット的中率は上下し、これだ!と思っていた"手法"が悪手になり、自身で認められなかった手法が的中率を上げ、そしてまた変わる・・・
そんなことを繰り返しているベッターがほとんどでしょう。
こういったベッターはまだ"初心者(ビギナー)"です。

では、一歩進んで"中級者"になるためには?

誰しも最初からほぼほぼ的中させてしまうなどという結果を出せるわけではありません。
当然ながら、そんな状況であればブックメーカーは破綻していますし、少しでも勝ち始めたユーザーは真っ先にアカウント凍結させられてしまうでしょう。

そんな中、いわゆる「プロベッター」(生計をベッティングで賄っている人種のこと)と云われる人達は存在し続けています。

なぜだと思いますか?

それは重要なベッティング要素を守っているからです。

単に極小オッズへ幾つものベットを重ね、少しづつ利益を重ねようとも、一発のミスで全てが終わるブックメーカーの世界。
またはガツンと資金投入してひとつのベットに人生賭けてやるってヤツ。
当たり前ですが、こんなやり方で上手く行くはずがありません。
マトモな頭を持っていればお解りのことかと。
そんなことしてて大失敗を繰り返しても、冷徹なブックメーカーは恩返しなどする気を持っておりません。
「去る者は去れ。」とでも言わんばかりに。

なかなかベッティングが上手くいかないベッターに伝えたいこと。
マジメに書きますね。
Embed from Getty Images
それは、ひとつのベットに十分な時間と知識を掛けて、満足感を伴った上でベットすること。
それに尽きます。
これは、これまで出会ってきたプロベッター数十人とのインタビューや検証で導き出した結果でもあります。
巷に溢れる「XXX手法」などの「方法」では無いのです。

正解は「方向」。

決して焦らずにベットをひとつずつ丁寧に行う。
ただそれだけです。

それなのに、いきなり爆儲けを狙おうとするビギナーベッターさんが多い様な気がします。いきなり100万を儲けようとすると途方に暮れますが、シッカリ地に足付けて「今日は1万」としてベットしていこうと思えば続けられる気がしませんか?

いきなり100万を目指す必要など無いのです。
「3ベットしたけど、1.65のオッズで今日はひとつ勝てた。」
これで十分です。
そんなひとつひとつのベットを大切にして育てていくベッターは、数か月後には大きくなり、数百万を稼ぐベッターへと成長していくのです。
Embed from Getty Images
ただ、そんなベッターとなるにも「ズレてはいけないポイント」があります。

「勝てるためのベット」
これをじっくり身に付けなければなりません。
今回はこれまで。
また近い内に続きをお話ししましょう。

これまでお話しした内容でも解っている方には十分伝わっているはずですね。
ひとつひとつのベットを「ムダ」にしてはいけません。
そこを、まずは重要確認項目として自身に刻み込みましょう。

では、また。(^_-)-☆
Embed from Getty Images
@bet.and.racing で結構重要な事を度々配信しています。
是非、フォローして下さいね!<Twitter担当 : mika💘

-ベッティング, 日々あれこれ

Copyright © bookmakers.jp, All Rights Reserved.