サッカー テニス ベッティング 日々あれこれ

ナニごとも気持ち次第・・・ではある。かも?
"Outliers"

2015/07/19

こんにちは(^^) Kojiです。

ここんとこいろんなスポーツを取り上げて来たつもりですが、いかんせんネタがありすぎ! なにを選ぼうか、どのハナシから始めようか・・・なんて考えてると、なかなかまとめられない自分に苛立ちますwで、そのまま時間が過ぎてゆき・・・となるので、非常に無駄な時間を過ごしている感覚を持ってしまいます。

と、いうことで。今日はひとつスポーツを別な角度から見てみようかな?と。

Malcolm Gladwell(マルコム・グラッドウェル)という51歳のジャーナリスト. ご存知の方も多いかと思います。

"Outliers: The Story of Success"(アウトライアーズ)という本を始めとして数冊の著書がある方なんですが、TED(Technology, Entertainment, Designなどのカンファレンス)などでのスピーチも有名で人気のある人です。

この方が先の"Outliers"でまとめていたのですが、「1万時間の法則」というのを言っておりまして、ワタシも「ふむふむ」と納得させられるお話でした。

皆さん、スポーツでもトップのプレイヤーってやっぱり「天才」だと思いますよね!?
ああいった人達って、「元々並外れた才能があるからだ」とか、「常人には出来ない何かを持っている」と凡人のワタシなんかは思うワケです。

けどね、このグラッドウェルさんの話は面白いですよ。
「個人的資質がその人の全てを決めるという考え方は間違っている」と言ってくれました。 それよりも、「生まれた日」や「環境」あるいは「運」というものが大事なんだと。

こういったトッププレイヤー(成功者)の共通点として、先の「1万時間の法則」というのを提唱しました。 90年代の初めに、Erik Homburger Erikson(エリク・ホーンブルガー・エリクソン)という心理学者が、才能ある音楽家のタマゴ達の学生集団に対して調査を実施しました。

3つのグループに学生を分けたのですが、

  1. 国際的なソリスト(独奏者)になることを期待されている傑出した学生
  2. 極めて優秀ではあるが、
    トップに成れるほどではない学生
  3. 音楽の教師になりたくて勉強をしている生徒たち

上記の状態にグループ化して、各グループのこれまでの勉強・練習時間を調査したんだそう。 その結果、1のグループは平均1万時間の練習を積んでいたと言います。 2のグループは8000時間、3のグループは4000時間。 更に、1万時間以上の練習・勉強なしにトップの1グループに入っていた生徒は一人も居なかったと言うのです。

このハナシ、どう思いますか? 「生まれつきの天才」というものを完全否定する調査になるんですよ。 この話にはまだ詳細結果があります。

  • 他の学生の何分の一かの練習時間で1グループ入りする生徒も無し。
  • 他の誰よりも練習しているのに
    1グループ入りしていないという生徒も居なかった。

こう締めています。
「トップクラスの生徒と、そうでない生徒を分かつ要因は、才能の有無ではなく、目的性のある練習だけだ」

がーーーん(゜-゜)! と来ましたね。ワタシは。

この心理学者のエリクソンさんの調査結果を手に、グラッドウェルさんはこう結論付けます。 「世界レベルの技術に達するにはどんな分野でも、1万時間の練習が必要」であり、 「生まれつきの才能」というものはあっても、「生まれつきの天才はいない」と。

1万時間ってね。例えば1日8時間、なにか練習するなり勉強するなりしたとする。
と、3年と5ヶ月くらいの時間になるんですよ。
なんかこれくらいなら続けられそうじゃないですかね?

如何でしょうか。 ここんところワタシ自身、そーいうことが結構頭にあるもんですから、Webサーフしててもやけにマインド系のページを立ち上げてる方が目に付きます。 特に「稼ごう系」でねw

同じくAmebaブログさん使ってそういった「マインド」系でいろんなことおっしゃってるのを見かけますが、なんか多すぎて最近疲れます^^; 皆さん、そういうの好きなんでしょうね。やっぱり。 「ポジティブシンキング」っていう関連で、ワタシもハタチになった頃に本を読み漁りました。 哲学系とかね。で、今に至ってますが、やっぱ凡人は凡人なのかなぁ?いや、これから頑張れば・・・なんてずっと考えながら終わったりしてw

ちとハナシ脱線しました。 こういったマインド改革の話はテニス界でも聞きますよね。 マイケル・チャンが錦織クンに対して行なっているのはマインド改革。フェデラーの考え方を心底リスペクトしているワウリンカ。ジョコビッチにしてもベッカーさんからマインド改革を施されていると聞きます。

顕著な例は我が国にも沢山有りますね! 一番分りやすい例がインテルに居る長友君。彼は中学時代の部活の先生にマインドマネジメントを教わったそうです。あの驚異的な出世は凄いですよね。

ん~ワタクシもがんばろっと。^^; 皆さんも何か1万時間やってみませんか?

#TEDってApple TVでも見られるんですが、字幕出ないので結構キツイ。 こちらはお勧め→DigitalCast TED日本語

-サッカー, テニス, ベッティング, 日々あれこれ
-, , , , , , , , , ,

Copyright © 2015-2020 bookmakers.jp, All Rights Reserved.