日々あれこれ 殿堂入り

サイト立ち上げまでのあれこれ。

2015/10/25

お久しぶりのKojiです(^^)v

ようやくひと段落。この数ヶ月間は大変でした・・・
いや、すでにウチのメインに来て頂いた方はご存知かと思いますが、少し怖い感じのバナー(笑 が占拠しております。これ、"ARMED BETTOR"という会員制サイトのタイトルなんですが、ここを創るまでにホントに大変だったんですよね。

コーポレートサイトって作った事無い方にはこの大変さは分からないでしょうが・・・
(ウチのサイトがコーポレートサイトと言っているわけじゃなく)
各提携先への打診やあちらからの営業を元に、何度と無くメッセージの交換をしまして。果てはあちら(London)の有志メンバーに手伝ってもらったりと。

ワタシ、自慢じゃないですが英語なんてほとんど出来ません^^;
というのはアレなんですが、多少読むことは出来ても、話すことなんぞほぼ無理です。
ここのBlogでもあっちの友人とどーたらこーたらなどとやり取りしてる記述をしたりしてましたが、会話になるとほぼ壊滅的。なんとか手振り身振り+少ない単語の羅列でその場を凌いで来てる感じ。

ま、そんなことはいいとして、ビジネス英語ってなかなか難しいんですよね。
そんなのを機械翻訳やらを駆使して、ようやく本当の真意を読み解きながら方向性をまとめておりました。

大きく分けてブックメーカーさんってふた通りありまして。
元々カジノ系からスタートしている会社。スポーツメインからスタートしている会社。
どっちかって言うと古くからある老舗的なところは前者が多いんですね。
なので、プロモート内容の条件をやり取りしていても、ポーカーやらジャックポット倍率なんかのネタで交換条件を出してくるワケなんですよ。
「ウチはカジノ系は全くもって興味ない!」っていうと、「じゃ、オタクとは取引しねーよ」とかなっちゃう。

やっぱ老舗はね、こちらとしては押さえておきたい部分があるんですよね。
なので、こっちもいろいろ考えるんですが、結果的に意見が噛み合わなくなる。

大手のところ(単純に大手だけとは言い切れませんが)ってスポーツ選手(プレイヤー)などの写真・画像を使わないところが多いです。なぜかというと、単純にコストが掛かるから。そして著作権絡むのが面倒なんで使わないんです。
抱えているユーザー数も莫大な数になってくると、どうしても多勢に向けて好まれるデザインにしなければなりません。
そうなると必然的に、選手画像なんかは特に使わない方が結果的に良いんですよね。

ある選手の画像を使ってしまうと、その選手が好きではないユーザーが離れていってしまうでしょ?さらにそれがサッカー選手だったりテニスプレイヤーだったりした場合、最初の印象で「あ、ここはサッカーとテニスだけしか取り扱っていないんだ」となってしまう訪問者も多いんです。

だからウチのメインを観てもらっても、画像が大量に使ってあるから拒否されちゃうんですよね。大体、ヘッダー自体がUNITEDですし。(笑
これじゃ、大手も嫌がります。

あぁ、ついでに言うとスポーツ選手の画像、平気でどっからか持ってきてWebに掲げているAdminさんが居ますが、あれ、そろそろヤバいですよ。Googleもその辺り、考えてきてますからね。その内、いきなり飛ばされることになります。いい加減、著作権違反は止めましょう。ちゃんと、CC勉強してからライセンスに従って掲示しましょうね。

ってことで、そんなお堅い大手は放っておいて、新興ブックを探しに探しました。
ここ数年は新たに立ち上がるブックメーカーも増えてきて、サイトデザインなんかもできるだけユーザーフレンドリーになってきています。軽いってっことね。
どれだけ日本がネット環境の高速化が進んでも、海外では当たり前にモデムつかってダイヤルアップというところは多く有りますからね。そんなユーザーにも出来るだけ快適に動作するようなソフトウェアを搭載してオープンさせたりするわけです。

すでにその幾つかはウチでも紹介しています。
いちいちひとつづつ紹介してたら「いつまで掛かるんだ!」という具合になってしまうので、個々に具体的な紹介はしていないですが。
紹介できるサイトはここに挙げてます。
ただ、ここにまだ掲載していないサイト、結構あるんですよね・・・
こちらにもそれなりの条件があるんで、合意に至っていないところに関しては未だ掲載していないし、あちらからの営業があってもデザインの良くないところは載せていません。
他にもいろいろと理由があったりするんですが。(ベット規制が低額過ぎたりとかね)

で、本題の"ARMED BETTOR"のお話。
ココ、元々はコミュニティサイトとして立ち上げようと考えていました。
いわゆるBBS(掲示板)を設置する感じで。
ただ、いかんせん日本のユーザーって参加するヒトが少ない。積極性に欠けるんですよね。これまでいろんなサイトの運営に関わってきた経験から、日本人の傾向というのは分かります。
しかも"ブックメーカーサイト"ですからね。ニッチなエリアであることは確か。
未だに「ブックメーカー」っていう単語すら知らないヒトが多い中、そんなもん成功するの?という意見も有り、現状では延期することとしました。う~ん残念。ワタシ個人的には、いろんなベッターさんとお話したいんですけどね。

要は、「今どんな情報が必要なのか?」というところから各自意見を出し合ったんですが、「ブックメーカーやる」っていう意味って、「お金を増やしたい」が大多数、「スポーツが好き」が多数ですよね。
基本、この2つしかやる理由が見当たらない。
ということは、「お金を増やす」>「ベットして的中しなきゃダメ」>「勝つ必要がある」>「勝ち続ける必要もある」ってこと。あたり前ですが。

んで、「勝つための情報」って何になるの?となると、微妙。
巷には有料で"ブックメーカーで儲ける方法"のようなPDFを売ってたりしますが、ワタシ、あーいうの見た事なくて、数種類halさんから頂いて読んでみたんですね。
そしたらすでに身に付いている事ばかりでした。しかもブックメーカーをやり始めて数ヶ月以内に自分で覚えたことばかり。「なんだ、これ。」っていうのが正直な感想。halさんも「こんなん売って商売できるなら誰でもやる。ユーザーをナメてるだろ」と。実際、halさんは金出して調査のために買ってるんですけどね(笑。
ひとつ\5,000くらいのものから20万とかするものまで。20万のヤツなんか、ほとんどが「どこどこの登録方法」とかいうマニュアル。いらねぇ・・・んなもの。メインのベットするためのロジック的な部分は数ページで終わり。しかもそれ、オッズが低いものばっかにベットする・・・とかいう類のものばかり。

低いオッズにベットすることっていうのは誰でもできるんですよ。
解りますよね?
ただし、その低いオッズに1ベット$1,000(約12万ね)とか投入できるヒトって限られてると思うんですよ。そういうヒトでないと低いオッズ(1.05とか1.10台までのもの)にベットしても利益って上がらない。

身近な金額で考えてみましょう。
\1,000ベットしてオッズ1.05で\1,050でしょ。\1,000のリスクを負って\50稼ぐってこと。どう考えてもアタマおかしくないですか?
そのリスクになる\1,000分を稼ごうと思ったら、20回的中させる必要があるワケです。
オッズ1.05で全部的中してのお話。実際にはそこまでに\20,000(\1,000×20回)のリスクを負うことになる。

それだけのリスクを負うなら、オッズ1.20に5回ベットすれば良い話。
\1,000×1.20=\1,200。1ベットで\200稼げる。それならリスク分の\1,000分を稼ぐのに5回的中させれば良いだけ。5回的中させるのと、20回的中させるのでは雲泥の差が有りますよね。

要はここで必要になってくるのは、オッズ1.05と1.20の差。
たかだか0.15の差ですが、的中させるには相応の学習が必要になります。
けど、そこでその競技が好きであれば、そう大変なことも無いんです。

結構、あるリーグとか、ひとつのジャンルに詳しいヒトって居ますよね?
あーいうヒトなら、直ぐに1.20辺りのオッズは当てまくることが可能でしょう。
この部分の情報をまとめるために"ARMED BETTOR"が創られました。
っていうか、すでにウチのメインにもそんな情報ちりばめてあるんですけどね。

"ARMED BETTOR"では1.50以上のオッズに対して勝利できるコンテンツを創っていく予定。そこらで「的中率98%!」とか言ってるのはみんなハズレ。そんなヤツ居ません。海外のプロベッターにそんなこと言ったら殴られますよ(笑。
ベッティングっていうのは統計的、歴史的に52%~53%までが的中率の限度とされています。50%超えれば、もう遊んで暮らせます。(独りならね)
そんな中で「98%」なんて平気で言っているのは単にベッティングの本質を知らない方々なので、正常な頭脳をお持ちの方は無視しましょうね。

やけに長くなってしまいましたので、また後日。
あ、"ARMED BETTOR"は誰でも登録無料です。
今はBETEGYのキャンペーンやってます。BETEGY-PROは有料だけどすげー安い。けどあれだけじゃ全部的中させるのは難しいからね。参考する程度に使いましょう。あんまりホントのこと言うと、halさんに叱られる(笑。

今日はマンチェスターダービーありますね!これの予想が"ARMED BETTOR"に出てました。なんて弱気な・・・予想なんだ(笑
あと、今日はATPウィーンのラスト。フェレールの決勝。スティーブ・ジョンソンと。21:45から。
明日の18:00からはバーゼル始まります。フェデラーやナダル・ワウリンカが初日から登場。ネットでLiveストリーミング結構やってるんで、観たい方は探してみて。

それでは、また。

-日々あれこれ, 殿堂入り
-

Copyright © 2015-2020 bookmakers.jp, All Rights Reserved.