テニス

テニスプレイヤーの市場価値。 / ATP NEWS

2015/07/24

こんにちは(^^)Koji@bet_and_racingです。

きのう、ATPからTwitterで入ってきたニュースをご紹介します。 「ロジャー・フェデラーは世界の最も市場価値のあるスポーツの花形プレイヤーに選ばれた。」というもの。

London School of Marketingによって発表されたTop20リストによると、タイガー・ウッズ、フィル・ミケルソン(Golf)、およびレブロン・ジェームズ(NBA)にわずかに差をつけてフェデラーがトップとなった。

う~ん。素晴らしい。やっぱなんだかんだいってもフェデラーはテニス界のTOPに君臨してますね。 なんたってカッコいいもんね。鼻がだんだんデカくなってる気がするけどw
そんなことはどーでも良くなるくらい資産はあるし、実力もある。しかも気の強い嫁さんもいる。<違?

フェデラーのOfficialWebサイトご覧になったことあります?
スポンサーのところ見て欲しい。 筆頭に「CREDIT SUISSE (クレディ・スイス)」ありますからね。 なんたってプライベートバンキング(個人口座)は10億円以上からしか受け付けてくれない超優良金融機関。 僕ら銀行口座作るのに、最初は受付カウンターで¥1000出すところを10億持ってないと門前払いされるようなところです。 それだけでため息がぁ・・・出ますよねw

まぁ、そうそうたる顔ぶれのスポンサー。 Webの時計にはROLEX印。最強シャンパンのモエ。いつもお使いのラケットメーカー「Wilson」なんか一番下ですからね。<これアルファベット順だろ

引き続き・・・

この研究は、アスリートのブランド価値について計算したもの。彼らの現収入とスポンサー収入を合わせた総所得を考慮し、あわせてSNSによる影響も含めた。

Tony Godsick(CEO TEAM8)はATPWorldTour.comに対して言っている。 「ロジャーは純粋・正直そして現実的で、パートナーとの生活に時問を割く。企業は模範的な人物を探すが、ロジャーは正しく的を得た存在だろう。」

テニスプレイヤーは7人ものアスリートが選出されTOP20のリストで大きな割合を占めた。 フェデラーに加えて、他に4名のATPワールドツアープレーヤーが選出。 ノヴァク・ジョコビッチ(7)、ラファエル・ナダル(8)、アンディ・マレー(16)、および錦織圭(17)

つぉ!錦織くん入ってるね!やるぅ。んでTOP20のリスト。

  1. Roger Federer – Tennis
  2. Tiger Woods – Golf
  3. Phil Mickelson – Golf
  4. LeBron James – Basketball
  5. Kevin Durant – Basketball
  6. Rory McIlroy – Golf
  7. Novak Djokovic – Tennis
  8. Rafael Nadal – Tennis
  9. Mahendra Singh Dhoni – Cricket
  10. Cristiano Ronaldo – Football
  11. Kobe Bryant – Basketball
  12. Maria Sharapova – Tennis
  13. Lionel Messi – Football
  14. Usain Bolt – Track
  15. Neymar – Football
  16. Andy Murray – Tennis
  17. Kei Nishikori – Tennis
  18. Derrick Rose – Basketball
  19. Floyd Mayweather – Boxing
  20. Serena Williams – Tennis

こんな感じなんですが、ロンドンで選出されただけあってウィンブルドン終わったばかりだし、その影響もあると思われますが、テニスプレーヤーって結構海外では広告塔になり易いカテゴリなんです。

なんでかっていうとですね、「テニスプレーヤーには暇が無い!」ってのが一番の原因。
逆を言うとそれだけいつも試合している頻度が高いから露出度も高いと。
スポンサー的にはもってこいのモデルですね。

毎年ツアーで各国周って、短期スパンでトーナメントこなしていくテニス界。
ゴルフ界にも通じるものがあるかと思うんですが、やっぱゴルフよりテニスの方がゲームに時間が掛からないだけあってTV放送しやすいし、コートの中での映像に固定されている。そこへ広告を詰め込めるんで広告効果としては最適なんですよ。

また、テニスでもTOPランカーになってくると、「人間としても出来ているヒト」になってきますよね。 そういった部分で、世代間問わず、好かれる対象になるのではないでしょうか。
実際、プライベートの時間が1年通してほとんど確保できないんで、その分イメージダウンに繋がる要因に振り回されにくいとも考えられますよね。 そういった部分も企業は見ているんでしょう。

TOPの写真、フェデラーなんですが彼は「リンツ(Lindt)・チョコレート」のアンバサダーもやっておりまして、ATP元記事でもいい感じの写真が載っかってます。 元記事はこちら

いちど食べてみたいですね(^^♪

-テニス
-, , , ,

Copyright© bookmakers.jp , 2020 All Rights Reserved.